HOME  >  大船地域づくり会議について > 会長あいさつ

会長あいさつ
大船地域づくり会議 会長 岩佐勝司

はじめに

会長近影 平成24年10月に大船地区で活動している住民・市民を中心に16の団体が集まって会議体を作りました。目標は、地域が主体となって、大船地域の将来像を描き、交流を重ねながら、可能なことから提案・実践をし、「住んでよかったまち・大船」を実現していくことです。
 年2回の代表者会議、毎月の運営部会ほか、防災、観光、広報等のテーマ別会議を重ねております。
 平成25年には、大船自治町内会連合会および各自治町内会会長はじめ住民・市民の皆様の協力を得て、大船地域づくりアンケートを実施、4700人の方から回答を得て、大船地域づくりの取組み課題を明らかにしました。
 平成26年に、ホームページ「わがまち大船ニュース」を開設して、地域づくり会議の様子を伝えるとともに、大船・北鎌倉の「ニュース」を発信、地区内の催し等を「おしらせ」しております。
 平成27年には、災害時における大船地域や各避難所における課題の抽出と避難所運営ルール作りをテーマに取り上げて活動を行ってきています。
 少子高齢化、公共サービスや施設の縮小化等、地域にはさまざまな課題が押し寄せてきていますが、地域に住み、地区で活動する住民・市民や事業者が知恵を出し合い、力を合わせて「住んでよかったまち・大船」に向かって、一つ一つ実践を重ねて参りたいと思います。
 どうぞ、皆様のご理解・ご協力と参加をよろしくお願いいたします。

▲ページトップへ