HOME  >  ニュース > 2017年 > 鎌倉市総合防災訓練行われる

鎌倉市総合防災訓練行われる

 

 平成29年3月1日(水)、リハビリケア湘南かまくら(山崎)にて、鎌倉市総合防災訓練が実施されました。

 当日は鎌倉市消防本部の各隊(指揮隊、科学車、はしご車、救助隊、救急隊、今泉隊、玉縄隊)や消防団(第5・15分団)が参加。当該施設から出火、建物内に人が取り残されたという想定での訓練でした。

 はしご車および救助隊による人命救助に続いて今泉・玉縄隊と消防団による火災防御(放水による消火活動)が実施され、筆者も放水を担当。各員、予行演習(2月25日実施)の成果を遺憾なく発揮することが出来ました。 

 現地には見学者が多くおいででしたが、施設の方より「こうした訓練を地域の皆さんと一緒に経験することが、一番の安心につながります。」とのお話しがあり、いざ有事に役立つことは元より、平素から市民と接点を持つことが、消防・防災に対する信頼と理解を深めるために必要不可欠であることを実感します。

 みんなで心一つに力を合わせることで、安全・安心の鎌倉をつくり、守っていくお手伝いが出来ましたら幸いです。

記事/写真 角田 晶生

デザイン  吉田 紳哉

▲ページトップへ