HOME  >  ニュース > 2017年 > 今泉・今泉台・岩瀬三町内会合同防災訓練実施!!

今泉・今泉台・岩瀬三町内会合同防災訓練実施!!

 

 平成29年3月5日(日)に実施された今泉・今泉台・岩瀬三町内会合同防災訓練に参加しました。

 当日は各地域の集合場所(皆さんの近所の公園・広場など)から今泉小学校を目指して避難・集合。新しく完成した「避難所運営マニュアル」を元に、鎌倉市総合防災本部との無線交信や名簿作成、炊き出しや防災グッズ・貯水槽の展示、傷病者搬送法などの訓練が実施されました。

 東日本大震災の翌年から毎年実施、今回で第6回となる合同防災訓練ですが、第1回目の参加者約600名に対し、今回の参加者数は約250名(主催者発表)と半分以下。記憶の風化と共に、市民の防災意識の薄れを懸念する声も上がりました。

 一方、参加者の中からは
「防災が大切なことは解る(から参加している)が、義務感だけではなかなかモチベーションが続かない。今回取りやめたはしご車の体験搭乗などの《お楽しみ》要素もあった方が、親子連れの参加増が期待できるのでは」
「ただ話を一方的に聞いているだけでは、みんな飽きてしまうし、身にならない。出来ることは自分たちで実際に体験する場を持つことで、より有意義な《参加する価値のある》訓練になると思う」
などの声もあり、こうした主催者の思いと参加者のニーズをすり合わせることが、今後の発展につながるものと考えます。

 最後に鎌倉市消防団 第7・8分団による放水の実演があり、防災訓練はつつがなく終了しました。

 3・11東日本大震災以来6年が経過しますが、地域の連携を強めて安全・安心の鎌倉を守り続けていきたいものです。

記事/写真 角田 晶生

デザイン  吉田 紳哉

▲ページトップへ