HOME  >  ニュース > 2015年 > 【連載】町内会紹介〔1〕

【連載】町内会紹介〔1〕~山ノ内中町北町内会~

 

山ノ内中町北町内会の地図

 北鎌倉駅は横須賀線の中でも自然に囲まれた駅です。到着した電車のドアが開くと桜吹雪が車内に吹き込んだり、フクロウの仲間コノハズクの鳴き声に乗客が驚いたりします。駅を降りると直ぐに円覚寺が見え、この林にコノハズクが生息しています。

 私たちの住む山ノ内中町北町内会は北鎌倉駅の中ほどから、円覚寺、明月院、踏切を渡った百メートルほどの範囲で、世帯数は百七十二世帯です。

円覚寺の盆踊り

 町内にある円覚寺は、明治時代に夏目漱石が創作の場として作品を書き上げ「冷ややかな鐘をつきけり円覚寺」と俳句も残しています。

 向かい合う低山は緑一面で、野鳥の声が近くに聞こえ、野兎、源氏蛍など生き物も豊富に生息しています。このように「創作の場」の雰囲気は今でも残されています。

今年も盛大に行われた円覚寺の盆踊り

 円覚寺は今でも雲水と呼ばれる修行僧が、鎌倉時代と変らぬ厳しい修行を行っています。雲水は修行の一環として、列をなして地元を托鉢にまわっています。雲水たちの列は度々写真にと撮られて、最も北鎌倉らしい風景と評価されています。

 この町内会に住む私たちも、いつまでも托鉢の列が似合う町内であって欲しいと願っています。

▲ページトップへ

 

 町内のもう一つの観光地はアジサイ寺で有名な明月院です。境内はとても手入れが行き届いていて、冬のロウバイも人気で年間を通じて多くの観光客が訪れています。明月院の裏山から昇る満月はまさに名月で私たちも自慢にしています。

 他にも町内には陶器の博物館や絵画の美術館もあって訪れる観光客の方々に喜ばれています。

明月院               鎌倉でアジサイといえばやはりここです
リンドウ  鎌倉市の花〈リンドウ〉も咲いています


 この記事は、大船地区社会福祉協議会だより『おおふな』第22号(平成20年7月1日発行)より、山田稔会長のご厚意により転載いたしました。また、掲載しました写真3葉も新たに山田会長よりご提供いただきました。

記事・写真  山ノ内中町北町内会会長 山田稔

▲ページトップへ