HOME  >  ニュース > 2018年 > 大船初!コワーキングスペース誕生!

大船初!
コワーキングスペース誕生!

NEKTON OFUNA誕生!



場所は、商店街にある湘南第5ビルの4階

 大船では初となるコワーキングスペース「NEKTON OFUNA(ネクトン大船)」が、2018年9月に誕生しました。

ネクトン大船

大船1-12-10 湘南第5ビル4F
TEL:0467-53-8100

http://www.nespa-ad.co.jp/nekton/

このページに掲載の料金は2018年10月現在です。
最新の情報は上記URLのページをご覧ください。

コワーキングスペース


ワンフロア全てが共有スペースで30席ほど

 「コワーキングスペース」とは、フリーランスや自営業者、SOHOワーカーなど、自宅で仕事をしていたり、固定のオフィスを持たない人々のための、レンタルオフィスです。ひとつのスペースをみんなで使うことから「シェアオフィス」とも呼ばれていました。このようなスペースを共有しながら、それぞれが独立した仕事をする共働スタイルを「コワーキング」といいます。

 「ホームワーカーだけど自宅では仕事をしたくない」とか「いつもは自宅で仕事しているけど気分転換で」、「取引先との打ち合わせだけど自宅に招くのはちょっと...」、「資料を広げて広いテーブルで仕事をしたい」というようなときに利用するスペースです。

 フロアには個人用スペースが30席ほど。ドロップイン(都度利用プラン)だと、2時間利用(500円)と1日利用(1,000円)の2種類。レギュラー会員として、1ヶ月(10,000円)、6ヶ月(50,000円)、1年(100,000円)のプランが用意されています。

個室の会議室

 また、一室まるごと借りることができる個室の会議室も2室用意されています。


会議室Aは明るくて広いミーティングルーム


会議室Bは照明の調光も可能な多目的スペース

 ひとつは、収容人数12~15名程度の会議室A(3時間4,000円~)。多くの人が集まるミーティングスペースのほかに、セミナーや説明会などの会場としても利用できそうです。
 もうひとつは、収容人数8~12名程度の会議室B(3時間3,000円~)。こちらは、窓がない代わりに、カラーの調光ができる照明や大画面プロジェクタも完備。

一人分のスペース


一人分のスペースはパソコンを置いても余裕あり

 一人分のテーブルスペースは、パソコンを置いても十分な奥行きがあり、資料を広げたり軽作業も楽々とこなせるほど。

 電源はパソコン用のACコンセントのほか、スマホやタブレットが充電できるUSBコンセントも用意されています。

 WiFiは速度重視の5GHz帯もあり、回線自体もかなり高速なので、パケット消費を気にせず使えて快適。高機能カラーレーザープリンタも使い放題で、文房具もひととおり揃っていますので、仕事の資料づくりにもオススメです。

▲ページトップへ

ビジネス用途に限らない多目的スペース

 と、ここまでの情報だと、「パソコンとインターネット回線があれば、ある程度の仕事ができる人たちの仕事場」といった、ちょっとお堅い感じのビジネス向けのスペースに見えてしまいます。


ワンドリンク付きでカフェ感覚

 しかし、ちょっと視点を変えて、「気軽に借りることができる共有スペース」と考えてみると、活用範囲はもっと広がります。

 例えば、「新しい本を買ったので集中して読みたい」とか「高速WiFiを活用してネット配信の連続ドラマを一気に見たい」など、ビジネスとは違った使い方も大歓迎とのこと。

 会議室は写真撮影やネット配信の動画撮影などのスタジオとして、さらには高速インターネット回線を活かしたライブ配信などにも使えそうです。
 そして、英会話教室や、お祭り・イベントの打ち合わせや準備、友達との旅行の打ち合わせ、学生の試験勉強など、、、、市民活動やサークル活動での利用も便利。

 ドロップイン利用や会議室利用などもワンドリンク付き。さらに飲食物の持ち込みや、打ち合わせ程度のおしゃべりももちろんOKなので、カフェ感覚での利用も楽しめると思います。

▲ページトップへ

コワーキングスペースの可能性


ここから『新しい大船』が始まるかも

 さまざまな分野のフリーランスや、いろいろなアイデアを持った人たちが、このようなひとつのスペースに集まることがとても重要なポイント。この環境が生み出す効果により、大船を舞台に『新しい何か』が誕生するきっかけになるかもしれません。

 このようなコワーキングスペースが大船にできたことは、非常に注目すべき出来事であり、これから何ができるのか、ここから何が生まれるのか、楽しみでしかたありません。新しい出会いや新しいアイデアの登場にも期待します。

記事・写真・デザイン 小野勝彦

▲ページトップへ