HOME  >  ニュース > 2019年 > 小坂小学校防災訓練に参加して

小坂小学校防災訓練に参加して

 

 平成31年01月27日、小坂小学校の体育館で「防災訓練」が実施されました。この訓練は、小坂小学校区避難所運営会議で開催が決まったものです。
 各町内会の方々がそれぞれの一時避難所に集まり、その後小坂小学校の体育館に集合しました。


集った各町内会の方々

 午前9時30分に進行役の亀井豊三郎氏(ブロック長)より開会の宣言があり、大船地区自主防災組織代表の田子裕司氏(大船自治町内会連合会会長)から、今回の防災訓練は災害が発生した時に必要となる簡易ベッドや非常用トイレの設置を行い、有事における心構えを住民の方々に知って頂きたいとのご挨拶がありました。


亀井氏の開会宣言


田子氏の挨拶

▲ページトップへ

 

 簡易ベッドは、段ボール製でとてもコンパクトで運びやすい形をしています。これを組み立てて、希望者に実際に横になっていただきました。
 段ボールで出来た簡易ベッドでも、なかなか快適な寝心地のようで、非常時でも安心できる睡眠をもたらしてくれる事でしょう。


段ボール製の簡易ベッド


簡易ベッドを試すご婦人

 非常用トイレも、実際に組み立てて座っていただきました。また、鎌倉市から幌付きの簡易トイレの展示が行われ、これならプライベートも守られて安心です。


非常用トイレの組み立て


非常用トイレに座る男性


幌付きの簡易トイレ内部


鎌倉市提供の簡易トイレ

▲ページトップへ

 

 救護のデモンストレーションも行われ、ボランティアのご婦人の左腕が負傷したという想定で、その手当を行い、三角巾で救護する内容でした。


救護のデモ


三角巾で手厚く救護

 2時間にわたる防災訓練で、約200名の市民の方々に参加していただき、無事閉会式を迎えました。
 主催者からは、救護は家庭内の用具が使えることを覚えておいて欲しい、また目の不自由な方のために、ホワイトボードを活用して救護活動の情報を解りやすくお伝えしたいとのことでした。

 参加して頂いた方々にとって、有意義な時間となり今後の防災活動のよい糧となったことでしょう。


訓練後の各班報告


閉会式での主催者あいさつ

記事・写真・デザイン: 草場 圭三

▲ページトップへ