HOME  >  ニュース > 2019年 > 「写真で見る 大船あの日あのころ」展を開催

「写真で見る 大船あの日あのころ」展を開催

 

 去る5月19日(日)、16回目となる「大船まつり」が今年も晴天に恵まれ多くの家族連れで賑わいました。

▲ページトップへ

 

 昨年、第15回「大船まつり」の周年イベントのひとつとして鎌倉芸術館との共催で、一階にある<ギャラリー2>と<ギャラリー3>において「大船ちょっと昔展」(「昭和の大船写真展」「大船シネマ通り」)を開催。予想以上の多数の来場者にお越しいただき、その続編となる「写真で見る 大船あの日あのころ」展を「大船地域づくり会議」の広報担当が企画・展示することになりました。
 展示内容は、鎌倉市図書館の近代史資料室が保存している大船駅周辺を中心とした昭和の写真やチラシ広告、そして北鎌倉で写真館を経営されていた皆吉邦雄氏が残してくれた北鎌倉や大船の懐かしい写真を多数展示しました。

▲ページトップへ

 

 今回は鎌倉芸術館の<ギャラリー2>での写真展。祭り前日の18日に展示作業を終了し、19日の「大船まつり」当日の午前10時30分より鎌倉芸術館「オープンデイ」の開始と共に、今年も多くの方々にご来場いただきました。
 昨年の反省から今回は間仕切りの展示パネルを一枚だけにし、皆さんがゆっくりご覧いただけるようなレイアウトとしました。
 午後4時の終了時点ではなんと1,000名を超える来場者があり、スタッフも笑顔での片づけ作業となりました。
 ご来場いただいた多くの皆さん、貴重なご意見やご感想を記入していただきました皆さん、本当にありがとうございました。

記事・写真:村川邦衛
デザイン :草場圭三

▲ページトップへ