HOME  >  ニュース > 2019年 > 大船駅の朝:台風15号の影響

大船駅の朝:台風15号の影響

 

 9月9日の月曜の朝は、台風15号の影響で 大船駅は多くの通勤・通学客でいっぱいになりました。

▲ページトップへ

 

 首都圏で記録的な暴風雨となった台風15号は、大船を直撃する形で 関東を斜めに横切って行ったのです。
丁度、通勤時間帯と重なり、JR大船駅は北口も南口も通勤客の方々でひしめき合う状況でした。

 そして駅の入場規制がなされ、改札口の前で立ち往生する状態が数時間続くことになりました。

▲ページトップへ

 

 毎朝午前7時に開店する、北口のKOBEYA KITCHENは まだシャッターが閉じたままで、午前10時過ぎにようやく開店しました。

 そして南口にある湘南モノレールも、運行開始が午後2時という非常事態になってしまいました。

 大船でも人気の中華食堂も、この日は開店が午前10時半となり、また大船の商業中心であるルミネ・ウィングも開店時間の繰り下げを余儀なくされました。

 めったにない光景を目の当たりにして、防災への備えの重要性を実感した一日となりました。

記事・写真・デザイン: 草場 圭三

▲ページトップへ